【プロフィール撮影】

【プロフィール撮影】

あっという間に年の瀬ですね。お久しぶりの投稿になってしまいました。

 

今日は恩師のプロフィール撮影のお写真です。

演奏会のプログラム等にご利用いただくそうです。

お2人の撮影をさせてもらえる日が来るなんて!じーんとしております。

ご来店ありがとうございました!

 

以下、個人的に思い入れがあるので、すみませんがかなり長文です。

良かったらお付き合いください!

佐渡山安信先生・真理先生ご夫妻。

40年前に中城ジュニアオーケストラを設立し、

「継続は力なり」をモットーに、きび畑の中のオーケストラとして

活動を続けてこられました。

その後、具志川ジュニアオーケストラを立ち上げ、

沖縄の青少年健全育成・音楽の発展・地域振興に貢献をされた功績から

2020年、第18回宮良長包音楽賞(琉球新報社)を受賞されました。

改めまして、おめでとうございます!

特別賞はDA PUMPの ISSAさん。新聞記事はこちら。

「えんどうの花」などで知られる宮良長包先生の詳細はこちら

 

もともとは小学校の音楽教諭。

近年は宮沢和史さんとタッグを組んで

「うんな中学校」の校歌を作曲されました。

 

中城小学校の音楽部員とその卒業生からスタートしたジュニア。

当初は公民館を借りて、バイオリンの指導をしていたそうです。

当時の沖縄で弦楽器を、楽器を触ったこともない小学生に教えるというのは

大変なご苦労があったかと思います。

贈呈式で真理先生が当時のことを話してらっしゃいます。こちらから

 

母の日コンサートを定期演奏会としていますが

今年はコロナ禍で中止に。

8月に予定されていた40周年コンサートは来年に延期となりました。

 

私が小学校5年生の時に佐渡山先生が赴任してこられて、

音楽が好きだった私は音楽部に入り、

「チェロをやってみないか」と先生に誘われるがまま

友達と練習に参加したのがはじまり。

 

中学は登校拒否児で(!)高校も定時制で卒業に4年半かかったりと、

なかなか遠回りな10代だったのですが、ジュニアはなんとか続けられて、

卒団してからも後輩に教えつつ、

度々練習に参加してコンサートに出させてもらっていました。

 

ひきこもりの時期もあり、へたっぴながらも迷惑をかけながらも練習に参加して。

定時制の学生では珍しかった高校文化連盟に参加して他校の生徒とも交流を持てて。

もしあの場がなかったら、どうなっていただろうと今でも思います。

 

卒団の年に演奏したベートーヴェン第6番田園は忘れられない1曲。

あとドヴォルザーク新世界より。あとサウンドオブミュージック!

 

こんな私にも役割があること。

にーにー・ねーねーがたくさんいてくれること(先輩をそう呼んでいます)。

ねーねーと呼んでくれる後輩がたくさんいてくれること。

平和だからみんなで音楽が出来る素晴らしさ。

支えてくれる人達の繋がりと温かさ。

 

たくさんの事を経験させてもらえて、学ばせてもらいました。

本当に本当にありがとうございます。

 

まさしく大きな家族のような存在です。

今は卒団生がお子さんを連れて通っています。私もそうさせたい!

 

あと、先生ご夫妻はご自身の4人の子育てをしながら音楽活動をされてたんです。

いつだったか「ついて行くしかなかったよね」と話していた真理先生。

尊敬しかない

 

基本的に毎週土曜日、中城小学校ひかりホールで練習を行っています。

今は息子さんも指揮をして、OB/OGも指導をしています。

興味のある方は気軽に見学してみてくださいね。楽器貸し出しもありますよ。

 

まだまだ書ききれませんが、この辺りで

改めて、大きな存在だなぁと。

中城ジュニアオーケストラの卒団生であることを誇りに思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!




喜友名写真館

沖縄県宜野湾市喜友名1-5-6 1F

TEL 098−943−2588

Top