喜友名泉・チュンナーガーの清掃をしてきました

喜友名泉・チュンナーガーの清掃をしてきました

写真館がある喜友名は方言で「ちゅんなー」と言います。

この地域に古い泉(カー)があるんです。それも基地の中に。

先日、喜友名区の皆さんで清掃を行いました。

普段はフェンスの向こう側。

お正月に行われる若水汲みや、今回の清掃など滅多に入れない場所です。

 

大きな立派な木が生い茂る石畳の坂道を降りると…見事な石造りの泉が!

いやはや、昔の人はどうやってこの石垣を積んだのだろうか。。

男性用(イキガガー)・女性用(イナグガー)と分かれている水浴び場。

馬や牛などを洗う場所もありました。

赤ちゃんが生まれた際の産水としても使われたとか。

この石積みは国の重要文化財に指定されています。

 

戦前はここからの水汲みが朝一番の仕事だったそうです。

集落までは結構な坂道なのですが、ここから桶に両天秤で水を運んでたなんて!

今の私たちにとっては想像しがたいですね。本当に尊敬します。

地域のご年配の方は、基地ができる前よく遊んだとおっしゃってました。

淡水魚が泳ぎ、エビやカエルもいましたよ。

たくさんの方の思いや歴史が詰まった場所、生活の要であった場所。

今回は私たちが知ることのなかった色んな話が聞けて、本当に良かった。

草を刈り、溜まった泥を流して、すっかり綺麗になりました。

 

フェンスに囲まれてしまいましたが、戦後米軍の強制接収の際も住民たちが守り抜き撤去を免れたそうです。

キャンプ瑞慶覧(西普天間地区)は返還が決まり、すぐ近くではどんどん工事が進んでいます。

沖縄には他にもたくさんの泉がありますね。

この大切な場所をしっかりと残して欲しいと切に願います。

そしてこの地域に住む私たちも、守れるように行動していきたいと思います。

 

この喜友名泉は上の道路に水を汲み上げられ、誰でも触れることができます。

県道81号線(普天間でいご通り)普天間向けの喜友名バス停を降りてすぐの所にありますので

機会があれば訪れてみてくださいね。




喜友名写真館

沖縄県宜野湾市喜友名1-5-6 1F

TEL 098−943−2588

Top